呼吸方法で肩こりと猫背を治す

呼吸方法

肩こり、首こり、腰痛、それらの原因となる猫背

肩こり、首こり、腰痛。これらの痛みや歪みで悩む人はとても多いです。

一生無縁でいられる人はほとんどいないのが現状ではないでしょうか。

肩こりや、首こり、そして猫背は、姿勢や体の使い方を

ちょっと意識して工夫すれば、予防したり、治すことが可能です。

自分で今すぐ簡単にできる方法についてご紹介します。

呼吸方法

肺と横隔膜を正確にイメージして深い呼吸を実現する呼吸が、

浅いと呼吸の回数が増えて交感神経が刺激され、不安やイライラが募ります。

それだけでなく、全身の筋肉が酸欠状態になり、本来のパフォーマンスを発揮できず、

体を正しい姿勢に支えることができなくなります。

浅い呼吸を深い呼吸に改善することは、肩こりや腰痛、

首こりを解消するだけでなく、体全体の健康を向上することに繋がるのです。

浅い呼吸を深い呼吸に改善するためには、肺と横隔膜を正確にイメージすることが重要です。

肺いっぱいに、空気をたくさん吸ってください。

次に、横隔膜を意識して、呼吸をしてください。

どうですか?

今までより少し呼吸が深くなったと感じられるのではないでしょうか。

腹式呼吸でお腹が膨らむのはこうして横隔膜が内臓を下に押し出すからであって、

決して「お腹に空気を入れているから」ではありません。

空気が入るのはお腹ではなく、肺です。しかし腹式呼吸を「お腹に空気を入れて膨らませる」と

考えている方は意外といるのではないでしょうか。

今度は息を吸うときに横隔膜を下にグーッと大きく押し下げるイメージで呼吸をしてみてください。

先ほどの大きな肺一杯に酸素を送り込むイメージと同時に行えば、さらに呼吸が深くなることが

実感できるのではないでしょうか。

このように、肺と横隔膜を正しくイメージしながら呼吸をすると、深い呼吸がしやすくなります。

今まで肺や横隔膜に誤ったイメージを持ったまま呼吸をしていた方は、ぜひお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です