人間の体の自律神経とは

自律神経

人間の体の自律神経とは

自律神経は、『緊張』と『リラックス』のスイッチを入れ替えることで、

体の働きをコントロールするための神経です。

体を動かしている時は、『緊張』、

寝ている時は、『リラックス』です。

デスクワークや家事などで、疲労が蓄積してくると、

体は重くなり、だるくなります。

自律神経は、体を無理に『緊張』を強めて、

活動しやすい体の状態を作り出します。

この状態は、ドーピングしている時と同じで、長期間続くようであれけば、

自律神経は『リラックス』を忘れてしまいます。

自律神経の『リラックス』ができない場合、

睡眠の質が落ちて、疲労が回復しない状態になり、体力レベルが下がります。

体力レベルが下がり続けて、体力が尽きた場合、過労死になります。

残り少ない体力で、自律神経の『緊張』というドーピングによって

何とか動いている状態です。

自律神経の『緊張』を『リラックス』に変える方法は、

整体のマッサージです。

自律神経の『緊張』の状態を緩め、『リラックス』に変わります。

『リラックス』することで、体力が回復します。

自律神経が『緊張』の状態を続けてきた人の場合、

マッサージを受けて、施術後に体が重たくなったりします。

これは、『緊張』を続けてきたため、体力レベルが下がっていたからです。

マッサージによるものだと、思いますが今まで『緊張』の状態だった体の

体力レベルが下がっていたため、体が重たくなったと感じます。

もみ返しとは、違う症状なので、日ごろのデスクワークや家事などで

疲労が回復していない状態だといえます。

睡眠が浅い場合や、不安やストレスがある場合、

自律神経を『リラックス』の状態にすることで、

体力回復ができます。

休日に、マッサージに行くことが『リラックス』の始まりだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です