腰痛の原因

腰痛の原因

腰痛症の原因は様々ですが、原因が特定できる腰痛は、約15%といわれています。その代表的なものは、腰椎が直接障害される圧迫骨折や、椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄などです。その他、細菌感染やがん、臓器や血管などの病気が原因となり、腰痛をひき起こすこともあります。
残りの85%の腰痛は、レントゲンなどの画像を確認しても、原因が特定できないといわれています。このような腰痛では、生活習慣、ストレスや不安、不眠など心の状態が影響していることもあります。また、見た目にはわからない神経の障害によって痛みが生じていることもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です