整骨院の特徴

整骨院とは

整骨院と整体の違い

整骨院は国家資格が必要な施設ですが、整体は誰でも自由に開業できる点が大きな違いです。そのため、整骨院では国民健康保険をはじめとする各種健康保険が利用することが可能です。
資格制度があるということは、施術技術の高さも整骨院は安心です。

整骨院や接骨院で骨折は治るのか?

骨折や脱臼は整骨院や接骨院の本業です。骨折をすると殆ど入院、手術と思っている方も多いようですが、高齢者で全身管理を必要とする方や、折れ方が複雑(粉砕骨折など)なもの、皮膚をつき破ったものなど以外はだいたい入院や手術をしないで治ります。整骨院や接骨院ではレントゲン検査が出来ないと思われますが、整骨院、接骨院の検査体制は整っていることが多いです。

スポーツ障害とは

スポーツ障害は、スポーツをすることで起こる障害や外傷などの総称です。使い過ぎ症候群とも言われています。長期的に同じスポーツを続けることなどにより、体の一定の部位に負担がかかって起こる障害です。スポーツでの体の使い過ぎを原因とするもので、成人だけでなく成長期の子供にもよく起こる障害です。整骨院では、スポーツ障害にも対応してくれます。

交通事故後の治療及び自賠責保険について

整骨院や接骨院でも交通事故などの自賠責の保険が使えます。国民健康保険などの各種保険による治療を行っており、交通事故や労災での治療も対応してくれます。

交通事故治療を受けるために接骨院の手続きついて

特別な手続きは不要で治療はすぐに受けることができます。治療後に保険会社に連絡しても大丈夫です。

※交通事故の場合は、警察に届出することが大切です。
 事故証明がないと自賠責保険や任意保険がおりません。

※事故をした時は、加害者の氏名、住所と連絡先、自動車の登録ナンバー、
 自賠責証明書番号と保険会社名を聞きましょう。

診断書などの証明書は発行について

警察に提出するための証明書は整骨院で発行してくれます。傷害保険の証明書も作成してくれます。

最初の治療費について

治療費は発生しません。保険会社が代わりに払ってくれます。

事故した場合、相手保険会社が薦める医療機関に行く必要があるか

医療機関の選択権は、怪我した方にありますので、保険会社や、加害者から強制されたり、制約を受けるものではありません。ご自身が治療を受けたい医療機関を指定すれば、保険会社は速やかに手続きをする義務があります。

症状が軽くても保険で治療を受けることができるか

症状の軽い重いは関係なく、治療を受けられます。治療費は全て保険会社が負担します。初めのうち症状が軽いからと放って置いて、後から痛くなる場合もありますので、時間の経過と共に交通事故との関係がはっきりしなくなります。少しおかしいと感じたら、早めに受診することが大切です。

鍼治療も、保険適応かどうか

交通事故などで負傷した場合、保険適応され、治療費は、全額保険会社負担となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です