肩こりの揉みおこしについて

肩こりの揉みおこし

揉みおこしと揉み返しについて

「揉みおこし」と「もみ返し」の2つ言葉が存在します。

それぞれの意味は以下の通りです。

2つの言葉の意味はほぼ同じと感じます。

揉みおこしとは

マッサージがきつい過ぎた時になる症状です。

痛いの指圧に対する防御の姿勢、きついあん摩をさける時の

反射神経などが働いたときになります。

軽く触ると心地よい痛みを感じます。

揉み返しとは

「揉み返し」は、マッサージをする方の技術の下手さを

表すものです。

「痛い」と感じるマッサージは、『揉み返し』を引き起こします。

軽い症状では筋肉痛、重い症状では、頭痛や倦怠感、高熱などが

引き起こされます。

なぜ揉みおこしが起こるのか

強くもまれることにより、筋肉が収縮(筋性が防御している状態)になり

マッサージ後の筋肉痛を感じます。

これを習慣的に繰り返すと慢性的な筋肉の炎症となり、

結果的に独特の堅い筋肉に変化してしまいます。

下手な人にやってもらうと、もみ返しは単なる筋肉の断裂した状態で

筋肉痛と同じ状態になってしまいます。

揉みおこしを感じたら

老廃物を流すために、水やお茶を飲むことが良いとされいます。

タイ式、マッサージなどを受け終わると、お茶や水が出るのは、そのためです。

まとめ

下手な人に、マッサージをやってもらうと、強すぎたりする場合

筋肉が収縮し、防御体勢になったり、筋肉が断裂し、筋肉痛になります。

慢性的な肩こりは、揉みおこしや揉み返しに、関係してると感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です