肩こり解消ストレッチ けんこう骨と僧帽筋のストレッチ

肩こり解消ストレッチ

肩こりは、けんこう骨とそのまわりの僧帽(そうぼう)筋が疲労、収縮し引き起こされます。

けんこう骨

けんこう骨と聞くと、よく「健康骨」と漢字を重い浮かべる人が多いと思いますが、正しくは、「肩甲骨」という漢字です。

僧帽(そうぼう)筋

僧帽筋

肩こりに効果的なストレッチ

僧帽筋を中心とした筋肉にコリが生じた状態が「肩こり」と言われています。

筋肉の収縮によって、血行が悪くなり鈍い痛みが生じ始めるのです。

症状を軽減するには、けんこう骨を動かし、そのまわりにある僧帽筋などの筋肉を

しっかりとほぐすことが有効です。

それでは、肩こりに効くストレッチをご紹介します。

1. けんこう骨を広げる

息を大きく吸いながら両手を広げます。

ゆっくり息を吐きながら、自分を抱きしめるポーズを取ります。

その状態で、5呼吸程度キープします。

手が届く人は、けんこう骨をぐっと掴んでみましょう。

腕の上下を組み替えて、同じく5呼吸キープします。

けんこう骨をつかんで広がりを意識すると、より効果的です。

2. けんこう骨を閉じる

椅子に浅く腰掛け、後ろで手を組み、大きく息を吸い込みます。

息を吐き出しながら、体を前に倒します。

体を前に倒した状態で、3呼吸ほどキープします。

肩~背中にかけてじんわり温かくなるのを感じることができます。

3. 骨をまわす

右手で右肩をつかみゆっくりまわします。

肩をつかむことで、通常の肩まわしと違い、遠心力に頼らない、

筋肉を利用したストレッチを行うことができます。

大きく呼吸しながら、左右それぞれ10回程度まわします。

僧帽筋ストレッチ

壁や柱などに手をつきます。(肩よりやや下の高さがベスト)

体を壁に寄せ、気持ちいいと感じるところでキープ。

3呼吸程度キープします。

まとめ

肩こり解消の簡単なストレッチをご紹介しました。

「凝ったかな」と思ったら、こまめにストレッチをしましょう。

無理はしないで、気持ちが良いと感じる程度に行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です