肩こりとストレスの関係性

ストレス

肩こりとストレスの関係性はあるのか?

実は、肩こりの原因とされている同じ姿勢を長時間続ける以外にも、

肩こりの原因があります。

その原因は、『ストレス』です。

人は勉強や仕事などで脳をフル回転させることにより、

筋肉を緊張させたり、血管を収縮させる交感神経が働き全身が緊張します。

その時に感じるストレスがピークに達すると、血行がとどこおり、肩こりとなってしますのです。

また、ストレスを受けたときには、交感神経の働きなどで血管が狭まり、血圧が高くなります。

そのためストレスが慢性化すると、高血圧を引き起こしやすいことが知られています。

ストレスは、高血圧になり、血行が滞ります。

気疲れなど、焦りは、体に毒です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です