肩こりに効果的な体操

効果的な体操

肩の疲労が積み重なると、肩の筋肉が固くなります。

そんな状況が続くと、いつも肩が重く、だるくてたまらなくなります。

若い頃は、一晩寝れば回復した肩こりが、25歳を境に、頚椎の椎間板が老化し始めます。

すると、椎間板本来のクッションとしての機能が弱まり、少しのストレスで、

肩こりになってしまいます。

肩こりを解消するには、毎日、体操をするのが効果的と言われています。

肩こりは寝ている間にも、血行不良によって引き起こされます。

今から肩こりを改善する体操をご紹介します。

肩の上下運動

肩を上げ下げする体操です。腕はブラリとたらしたまま、両肩を首の方に持ち上げます。

力を抜いてストンと落とします。

肩の前後運動

両肩を後ろに引き、次いで前に出します。

肩を回す体操

肩で円を描くようにして、肩の前回しと後ろ回しをします。

腕を回す体操

両腕を上に振り上げます。次に両腕を、後ろに振り下ろします。

ポイントは、両腕を真上まで上げ、最後もできるだけ後ろへ振り下ろします。

次に椅子に座ったまま行う体操を紹介します。

椅子に座って行う体操は、筋力を強化して肩こりになりにくい体質に改善するための体操です。

仕事中や家事のあいまのリフレッシュにもなります。

肩の体操

右手で左肩を押さえます。左肩を上に上げ、ストンと落とします。

右肩も同様に行います。

手をクロスさせる体操

両手をクロスし、指先を曲げて引っかけます。左右に思いきり引っ張ります。

手のひらを合わせる体操

手のひらを合わせ、中心に向かって力を加えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です