肩こりから来る頭痛の原因とは

肩こり頭痛

肩こり頭痛

肩こりからの頭痛の特徴は、慢性的で、圧迫感のある重い痛みが、しつこく続きます。

この頭痛が起こる前に、後頭部、首スジから肩にかけて張りやコリを感じ、

そのまま頭痛が起きてしまうケースが多く見られます。この頭痛を緊張性頭痛といいます。

肩こり頭痛(緊張性頭痛)の原因はななんでしょうか?

それは、頭を支える筋肉の緊張が高まり、血流の悪くなる状態が続くことで起こると考えられます。

仕事に集中していると、肩周りの筋肉が凝り固まってしまうことがあります。

緊張性頭痛の症状は、後頭部から肩にかけて痛んだり、頭全体がしめつけられるように痛むこともあります。

肩こり頭痛の解消法

基本

肩こり・頭痛を解消するために大切なことは、十分に栄養・休養をとってストレスをなくし、

心身の疲れを取り除くことです。

肩こり頭痛解消法1 眼精疲労を予防する

  • 蒸しタオルで目を暖め血行をよくして、マッサージする
  • 健康補助食品(カシス・ブルーベリー)などを摂取する
パソコン環境の改善・休憩をとる

パソコン作業時間が長くなると、眼に大きな負担をかけてしまいます。

目を酷使することで肩こりがでてきますので、1時間毎に1回休憩をとりましょう。

遠くを見たりするだけでも眼は休まり、肩こりの解消に役立ちます。

また、机と椅子の高さ、姿勢、ディスプレイに対する目線の角度、ディスプレイまでの

距離、部屋の明るさ、部屋の乾燥などにも注意が必要です。

肩こり頭痛解消法2 十分な睡眠時間をとる

眼の疲れをとるのに最も効果的で最も手軽な方法は十分な睡眠をとることです。

充分な休養をとり、眼の疲れをとることで肩こりを予防しましょう。

肩こり頭痛解消法3 長時間同じ姿勢をとらない

長時間同じ姿勢をとることで血流がどうしても悪くなり、肩こりを起こしてしまい場合があります。

肩こりを予防するためにも、できるだけ長時間同じ姿勢をとらないように心がけましょう。

仕事上どうしても同じ姿勢のままでいなければならない方もいますが、

そのような方は少しの時間でも休憩をとる事が肩こりの予防につながります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です