猫背を予防するために意識すること

猫背

猫背の原因とは

猫背の原因は、座っている時に、アゴを前に出すことで猫背になります。

アゴを引いてイスに座っていても、アゴが上がってしまえば、

頭が前に出てしまいます。

「頭が前に出る」という姿勢は、肩こり・腰痛・首こりを悪化させる

原因になります。

頭が前に出ることで、頭の位置が体のど真ん中を通っている縦の線から

ズレてしまいます。

そのため、首、肩、背中、腰の筋肉を使い、頭をグッと釣り上げなければならなくなります。

頭は、とても重いです。その頭を支えるために、首から腰にかけて

余計な負荷をかけてしまうのです。

仮に、そんな状態が1日何時間も続き、そして、そんな生活をずっと続けていれば、

猫背・肩こりにならない訳はないのです。

猫背にならないための工夫として、アゴを引く癖をつけることが大切

呼吸方法を、口呼吸から鼻呼吸に切り替えることで、首や肩の筋肉を意識して

呼吸ができます。

突然ですが、口呼吸と鼻呼吸では1度に吸える酸素量はどちらが多いと思いますか?

答えは、鼻呼吸の方が、実は1度に吸える酸素量が多いです。

口呼吸は、呼吸の回数が増加し、交感神経が活性化するため、

不安やイライラの感情が増長される原因になります。

猫背を予防するには、アゴを引き、鼻呼吸を習慣化することが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です