肩こりと枕の関係

肩こりと枕の関係

肩こりの原因に枕が関係あると思います。
自分にぴったりの枕を見つけることで、肩こりを解消しましょう!

枕が体に合わないとどうなるか

枕が体に合わないと、首や肩の筋肉が緊張して休まりません。
神経が圧迫される状態で、血行が妨げられるなど、
首や肩に負荷が掛かってしまいます。
その状態が続くと、首こりや肩こり・痛み、不眠になります。

朝起きたときから、首こりや肩こりがある、頭痛がする、など
何年も頑固な肩こりなどの不調で悩まされているという人は、
枕が体に合っていないことが原因の一つです。

自分に合っていない枕とは

枕の高さが合っていない

見た感じの高さや手触りでは、実際に自分に合った枕なのかは、
判断できません。またカタログなどに記載されている高さは、
枕の厚味のことで、実際に使っているときの高さではありません。

枕の硬さが合っていない

枕の硬さや柔らかさは、肩こりや不眠に大きく影響しています。
枕の硬さが合っていないと、頭と首がうまく支えられず、
睡眠中に首・肩の筋肉が緊張してしまいます。
頭や首が圧迫されることにより、血行不良になり、
体に大きな負担がかかります。
肩こりの原因になるだけでなく、不眠や頭痛、首の痛みなど、
様々な不調をつながる可能性があります。

寝返りがうまくできない

睡眠中に枕の高さが変わってしまったり、頭が沈みすぎていたりする
場合です。構造的に寝返りがしにくい枕を使用している場合などです。
寝返りがうまくできなければ、体に大きな負担がかかってしまいます。

首に負担がかかるのは、どんな枕?

寝起きの疲労感を感じる人は、質の良い睡眠が取れていない場合があります。
脳も身体も休息することができていない状態です。

枕が、高すぎて首に負担が掛かっていたり、柔らかすぎて
首を支える部分がなく、良質な睡眠が取れないことが考えられます。

枕が高すぎる

人間の理想的な寝姿勢は、『立った時の姿勢』とされています。
高さのある枕を使用すると、頭部が前傾した状態になります。
立った時の姿勢で考えると、頭だけを下げた姿勢になります。
寝る始めは、「首の後ろが伸ばされて気持ちがいい。」と思いますが、
頭部を前傾した状態が続くと、徐々に呼吸しづらくなってきます。

呼吸しづらい状態は、脳を休めることの妨げになり、
また、首や肩周辺の筋肉が緊張します。
眠りも浅くなり、寝返りも増え、起きた時に疲労感が残る状態を招きます。

柔らかい枕は、なぜ悪い?

枕に大切なのは、首を支える部分があるということ。
人間は睡眠中でも、大切な頭部を守るという機能は働きます。
頭部が安定しない『柔らかい枕』であれば、頭部を安定させようと、
首や肩の筋肉は力を入れた状態になります。
常に首や肩の筋肉が収縮された状態なので、疲労します。
疲労を回避するために、寝返りを頻繁にします。
その結果、眠りが浅くなり、疲労も取れにくい状態で、
寝起きに肩こりを感じる悪循環になります。

理想の「枕選びのコツ」

『立った時の姿勢』が理想の寝姿勢です。
脳が休まり、全身がリラックスするのに、重要なポイントです。
仰向けで寝たときに「立った時の姿勢」になる枕が良い枕です。

世の中には、無数の枕があります。
デザインや形、中に入っている素材、構造など様々です。
自分に合った枕を見つけることは、肩こり解消の助けになると思います。
高さ、柔らかさが自分に合った枕を、探すことは難しいことですが、
肩こりのひとつの原因なので、枕を改善することをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です