肩こりとスマホ症候群

スマホ依存症

スマホ症候群に要注意

スマホ症候群は、スマートフォンの画面に集中する場合、

下を向きっぱなしになり、肩や首の痛みだけでなく疲れ目や

ドライアイを引き起こすため問題です。

予防策

  • 文字を大きく設定する
  • 画面の輝度を下げる
  • 15分以上の閲覧を控える
  • 背筋を伸ばす

仕事中、パソコン等のデスクワークで首に負担をかけ、

さらに電車の行き帰りや休憩時間に、

スマホを使う人は、スマホ症候群に要注意です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です