肩こりと眼精疲労

眼精疲労

眼精疲労とは

長時間の目の酷使による疲労が蓄積される状態。
目が乾いたり、ピントが合わせづらくなったり、目に異物感を感じたりします。
この症状を一般的に眼精疲労と呼びます。また眼精疲労から肩こりや頭痛、不眠、神経症につながることもあるようです。

眼精疲労からくる症状は、だるさ・不眠・イライラなど様々です。眼精疲労が原因の腹痛や頭痛に気づかずに不安を抱える方や、眼精疲労による慢性的な頭痛に悩まされている方の神経にも多大なストレスがかかっています。
眼精疲労は自分の心がけで、防止・治療ができます。
重要なのは、眼精疲労の原因を知り、どこまで軽減するか、早めに改善できるか、ということです。

眼精疲労の原因

・メガネやコンタクトが合っていない
・細かい活字を長時間見続けた、パソコン作業や車の運転を長時間続けたなど
・目に異常がある(屈折異常、老眼、ドライアイなど)
・体調が悪い(過労、睡眠不足、内科疾患、更年期障害など)
・ストレス

疲れ目予防・改善

・適切なメガネ、コンタクトレンズをする
・十分に睡眠をとる
・パソコンのディスプレイを長時間見続けない
・エアコンなどの風を直接目に当てない
・目の休息を心がける
・紫外線を浴びない
・寝ころびながら読書などをしない
・ストレスを解消する
・読書時やパソコン作業時に合った照明を選ぶ
・ほかに蒸しタオルを目の部分にあてる
・ディスプレイをやや上方から見る(ディスプレイを見上げることでドライアイになる)
→目線より上に来ると、眼球と空気の触れる面積が広くなり、目が乾きやすくなる。

肩こりの予防・改善

・姿勢を正しくする
・自分に合った枕や寝具を選ぶ
・長時間の同一姿勢をさける
・無理なダイエットをしない
・肩を冷やさない
・パソコンのディスプレイを長時間見続けない
・適度な運動を日常的に行う
・疲労をためない(早く寝る日を決める)
・首や肩関節周辺のストレッチングを行う
・ストレスをためない
・栄養バランスの良い食事をする

疲れ目のマッサージ

眉頭のツボを押す

眉頭の内側にあるくぼみを押すと、疲れ目がスッキリします。

目尻を押す

目尻から指1本外側にあるくぼみを押すと、目の充血や疲れ目が和らぎます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です