首が回らない、首が痛い、「ストレートネック」が疑わしい

ストレートネック

ストレートネックとは

頭が首よりも前に出した姿勢を長時間とっていることで、首が前傾し、

本来の首のカーブが失われた状態のことです。

症状

重たい頭を首の筋肉だけで支えることになり、首の痛みや肩こり、頭痛といった症状を発症します。

首を曲げても下部頸椎は動かないため、手のしびれや、めまい、目の奥の痛み、吐き気といった症状です。

原因

長時間のデスクワークでパソコン操作をしている人がなりやすく、

長時間、首を曲げた状態でスマートフォンの画面をのぞき込むことなどで引き起こされる。

対策

ストレートネックと診断された場合、炎鎮痛剤などで痛みを抑えながら、

理学療法士らと筋肉をほぐすリハビリを行い、徐々に正常な状態戻していきます。

毎日風呂上がりにストレッチすることが大切です。

首を回すことにより、筋肉が伸びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です