なぜ肩こりになるのか?

肩こりの原因

頭の重さは5~6kgあります。その重さを首と肩だけで支えています。

日本人は、首から肩の筋肉が弱いため、欧米人に比べて、

肩こりになりやすいと言われています。

日本人である以上、肩こりになりやすいことがわかります。

年をとると、骨や筋肉が弱くなるので、肩こりがひどくなったり、

今まで肩こりを感じなかった人でも、発症したりします。

肩こりの原因は、いくつも考えれますが、同じ姿勢眼精疲労運動不足

ストレスが肩こりの最大の原因だと考えられています。

デスクワークする人にとって、最大の原因は、

すべて当てはまっているのではないでしょうか?

ちょっとした意識で肩こりを解消できると感じます。

日常生活に運動を取り入れる

特に、運動不足とストレスは、日常の生活習慣が大きく関わっています。

それだけに生活を見直し、肩こりを起こしにくい習慣をつけることが大切です。

原因と予防策は、肩こりを起こしているときの首や肩は血行が悪くなっていて、

新鮮な酸素や栄養が伝わりにくく、疲れやすい状態になっています。

適度な運動をすることで、改善することができます。

運動をすることで血行の流れを良くし、運動を継続することによる、

筋力維持もできるため、筋力低下による肩こりを防げます。

筋肉は血液を送り出すポンプのような役割をしていますので、

血流を改善し、肩こりを起こしにくい体をつくることができます。

運動は、激しいものではなく、定期的に軽くでいいので、

継続して行うことで、肩の筋肉もほぐれていきます。

ストレスに対しても運動することはとても効果的です。

体を動かすことで血流が改善され、気分転換を得られるので、

ストレス解消の助けにもなると考えられます。

そもそもなぜ、肩こりが起こるのか?

人間は二足歩行をするために、もともと首や腰に負担が、

かかりやすい体をしています。

首から肩にかけての筋肉が姿勢を保つために緊張し、

血行が悪くなって、重く感じるのが肩こりです。

また、体系的に、重たい頭、腕を首や肩で支えています。

その結果、筋肉が緊張し、肩こりになります。

肩や首は、緊張し続けていて、緊張が続くと筋肉が疲れて

疲労物質がたまり硬くなります。

それが原因で、血管を圧迫し、血液の循環を悪くなり、

こりや傷みを起こします。

血行不良になると、筋肉に十分な酸素が供給されず、

筋肉に溜まった乳酸などの疲労物質を

排出しにくくなって、ますます筋肉が硬くなってしまいます。

肩こりになりやすい人の特徴は?

  • デスクワークなどで長時間同じ姿勢をとっている
  • いすと机のバランスが悪く偏った姿勢を続けている
  • かばんをいつも同じ方の肩にかける
  • 長時間冷房のきいた部屋にいて体が冷えている

など、偏った姿勢を続けたり、緊張した状態を続けたりしていると筋肉が疲労して

肩こりが起こりやすくなります。

さらに、貧血、低血圧、高血圧などある方は、肩こりを起こしやすくなります。

そのほか、目の病気がある、視力に合わない眼鏡をかけ続けている、

歯のかみ合わせが悪い、虫歯があって片方の歯でしかものをかめない、

などが原因になっている場合もあります。

また、不安・イライラなど長く続くストレスが肩こりの原因に

なるともいわれています。

肩こりがひどくなると頭痛や吐き気、精神的な不安感や鬱(うつ)状態を

引き起こすこともあります。

体を冷やすことで、肩こりになるともいわれています。

冷えは、肩こりの天敵です。

肩こりを予防するためには身体を冷やさないことが大切です。

今回は、肩こりの様々な原因をご紹介させていただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です